2017/04/07

米焼酎 『ねっか』~4月17日発売。

只見産のお米でつくった米焼酎 

 「ねっか」 発売!!

「ねっか」さんのHPより

豊穣の森、美しい田園風景、福島県只見町には日本の原風景とも言える世界が広がっています。“ねっか”は、小さな町の日本一小さな蒸留所から生まれた米焼酎。蔵人たち自ら、先祖伝来の土地で丁寧に米を育て、森から湧き出づる水で仕込みました。「私たちの故郷がいつまでも故郷であり続けますように」と深い祈りを込めながら。そんな思いが、ひときわ香り高く、味わい深く、米焼酎とは思えない独特な世界を生み出しました。

ねっか(表)

「ねっか」さんは「特産品しょうちゅう免許」をお持ちだそうです。
これは地元の特産品を原料にすることなどを条件とした免許です。
この免許を持っているのは、福島県で「ねっか」さんが初だそうですよ!

奥会津蒸留所
なんか、素敵な響きですね
空き家を改修して作ったそうです。

お披露目会もあります。(締切が4月10日までみたいです・・・)
ご希望の方は「ねっか」さんのHPからお申し込みください。

裏


豪雪地帯という厳しい自然環境だからこそ、最高のお米ができます。
豊富な水と愛情いっぱいに育ててできたお米。
まちがいなくおいしい焼酎ができますね。

「ねっか」さんのHP http://nekka.jp/ 

スポンサーサイト