2017/06/20

6月25日(日)浅草岳山開き

只見四名山の山開き最後は浅草岳です


 ●
期 日:625()

 ●集 合:午前530分 JR只見駅前広場

 ●開山式:只見沢登山口にて6時~620



送迎:行き→只見沢まで大型バス5時30分~5時45分発車(無料)
   帰り→入叶津登山口から乗合タクシー1人600円。
      13:00〜16:00に発車。


浅草岳 標高1,585m(参考タイム約9時間)  

会津と越後の国境にある浅草岳は、夏でも雪が残る大雪渓の山として
人気があり多くの登山者が訪れています。
田子倉湖や鬼ヶ面山の絶景、ブナの原生林やヒメサユリなどの植物が
美しく咲いています


只見四名山のぼり

浅草岳3

浅草岳1

秋の紅葉の季節まで楽しめる浅草岳ですが、
山開きにぜひお越しください。


スポンサーサイト
2017/06/15

6月21日(水)KFB福島放送          「福島まるごとライブ ヨジデス」

お笑い芸人のぺんぎんナッツさんがレポーターで
只見町の「いわなの里」「只見町青少年旅行村・いこいの森」
が紹介されます。  

イワナ3

5月23日風景5

6月21日(水)KFB福島放送
「福島まるごとライブ ヨジデス」15:50~16:50
2017/06/14

神の隠れ湯

柳津町西山温泉3ヶ所のご利用で先着200名様に「ひしストラップ」をプレゼント。
【期間】6/15~12/15
〈ひし〉とは西山地区の観音堂に奉納される民芸品です。西山中学校の生徒達が一つ一つ手作りで作っています。
詳細は下記リンクを見てください。
神の隠れ湯
2017/06/13

「好きなJRローカル線ランキング(全国編)」

第15回「好きなJRローカル線ランキング(全国編)」 
の投票受付中です。


みなさんの応援よろしくお願いします。  


好きなJRローカル線ランキング(全国編)
          
https://www.tetsudo.com/special/tabitetsu/

~6月20日(火)までです。


只見線
2017/06/09

6/10(sat)6/11(sun)は三島町へ!

明日、明後日は三島町にて、第31回 会津ふるさと工人まつりが開催されます


同じ日に別会場では、
第7回 みやしたてわっさの里まつり
山と木の市場会場
第12回 うつくしい手仕事展
も、同時開催と盛り沢山なんです!



人口1585人の小さな町に、二日間で2万名を超えるお客様がいらっしゃいます。
町の一大イベントなのです。

今週は道路脇の草刈り、ゴミ拾いなどから準備が始まり、今日の午前中はテントやのぼり、休憩所などの準備がありました。

今も県外ナンバーのお車が続々と三島町入りしています。

お車でのご来場は、町内3ヶ所に臨時駐車場を設けておりますので、そちらから随時運行している無料のシャトルバスで移動となります。
同時開催の会場にもシャトルバスで移動できます♪



商工会青年部は、みやしたてわっさの里まつり会場、郵便局の近くで、会津地鶏を使った塩白湯ラーメンを販売致します。
こだわりの塩ラーメン、是非味わってみてください!


詳細は三島町観光協会へ!

それでは当日、三島町にてお待ちしております。
道中お気をつけてお越しください。
2017/06/08

只見雪むろまつり&只見線「山菜満喫号」

   豪雪地帯の只見町。
   毎年、雪との闘いですが雪国だからこそできる 「雪むろ」
「只見ふるさとの雪まつり」で使った大量の雪を利用して 「雪むろ」
   をつくりました。
   雪の中で貯蔵したお酒や食べ物は、一定の温度で貯蔵されるので
   甘みが増しおいしくなります。


雪むろ②

雪むろ①

餅つき大会やおにぎりのふるまい、キッチンカーも並びます!! 

楽しいイベントも盛りだくさんご用意してみなさんのお越しを
お待ちしております。
 


雪むろ

只見のお酒「岩泉」、泉太のどぶろく、米焼酎ねっかの試飲もあります。
おいしい只見のお酒を味わってほしいです。


17日(土)、18日(日)只見線「山菜満喫号
運転されます。(全席指定)

只見線に乗って、遊びに来ませんか?
2017/06/07

NHK「小さな旅」で只見町が紹介されます。

    6月11日(日) 午前8時00分~

  NHKドキュメンタリー「小さな旅」
 「緑の里 息吹あふれて~福島県 只見町~」  


小さな旅
  只見町観光まちづくり協会のガイドもなさってるそうです。

福島県の西端にある只見町は、面積のほとんどが森林。その多くを占めるのがブナの森です。山が作りだす雄大な自然を一目見ようと、春の町には多くの観光客が訪れます。土地の人々は古くから山菜を採ったり、雪解け水を、田んぼの水や生活用水として使ったりと、森がもたらす恵みを受け、共に生活してきました。人々にとって誇りとも言えるブナの森。長い間守り抜き、共に生きようとする、山里の人々の暮らしを訪ねます。(HPより引用させていただきました)

2017/06/05

6月11日(日)会津朝日岳山開き

  只見四名山の山開き第三弾は会津朝日岳です
  標高1,624m(参考タイム約9時間)



●期 日:6月11日(日)
●集 合:午前5時10分~6時 黒谷川沿い臨時駐車場
●開山式:いわなの里にて5時40分~6時


送迎:マイクロバスで片道20分。行きは臨時駐車場を5時10分と6時の2回出発。
   帰りはいわなの里より、13時から16時の間、バス定員に応じ発車。

名前の由来:周辺の集落が深山の谷深い地域にあるため、遅い時刻にならないと太陽を見ることができない中、この山は早朝に日を見ることができるため、朝日岳という。(ウィキペディアより)

只見四名山山開き

山頂からは、浅草岳、越後三山、飯豊連峰、守門岳、平ヶ岳、
越後三山、越後駒ヶ岳などの山々を眺めるができ、それまでの疲れも
癒されると思います。

また、ブナ林や登山道脇に咲く花も見どころです。

宿泊の案内→只見町観光まちづくり協会

この地図、只見町観光まちづくり協会のマックさんが作った地図です。
   とてもわかりやすいのでお借りしました



会津朝日岳